« ボールには柔らかさと耐久性が求められます | トップページ | キャッチの基本 »

ボールからいかに逃げるかが勝敗の分かれ目

ドッジボールのドッジ(dodge)とは英語で「さっと避ける」や「身をかわす」という意味になっています。これがそのまま冠名となっていることから、ボールを相手に当てるよりもいかにしてボールから逃げるかがこのスポーツの勝敗を分ける大きなポイントとなっています。

瞬時に逃げれる体勢にしておく

具体的には、ボールを投げるプレーヤーの足元をよく見て、足を踏み込んだ瞬間、プレーヤーの利き腕(ボールを持っている手)の方向に逃げるということです。なぜかというと、ドッジボールは使用するボールが大きいため手のひらで握ることができません。そのような状態では、手のひらを返して、利き腕の外側には投げにくいためです。

瞬時に身をかわすことができるように、常に足を軽く横に開いておくのがポイントです。これを意識して実践するだけで、今までよりもずっと上手に結構逃げることができるようになるでしょう。

« ボールには柔らかさと耐久性が求められます | トップページ | キャッチの基本 »

スポーツ」カテゴリの記事