« 作戦タイムとメンバーチェンジ | トップページ

反則後のヒットに気をつける

内野選手がボールをキャッチした際にラインを踏んだり、跨いでしまう。これは試合で最もよく見かける反則です。この反則をしたときにはボールを相手に渡さなければなりません。

反則した選手は気が抜けてしまって、そばにいる相手チームの選手にボールをすぐに渡してしまうケースがありますが、これは命取りになります。その相手からすぐにヒットされてしまうからです。これを防ぐために注意するポイントは次の通りです。

  • 反則した場合にはボールを主審に渡す
  • 相手の選手から距離をあけてからボールを渡す
  • いったん見方選手にパスをして、相手チームにボールを渡してもらう

« 作戦タイムとメンバーチェンジ | トップページ